自分たちにふりかかる現実 労働環境と患者からのニーズが厳しくなりつつある

労働環境の改革を

高齢化社会が進むにつれて、医療の現場での人手不足が問題となっています。
医療ではないほかの職業でも、特定の職業で人手が少ない、なり手が少ない、といった問題は多かれ少なかれあると思います。産業が今の代で終わってしまう、伝統的な技術を引き継いでくれる若者がいない、などの問題があるのです。こういった問題もメディアで取り上げられることもありますが、医療従事者の不足の問題に比べると、なんとなく世間に認知されている程度が違っているように思います。<<医療従事者不足対策NAVI>>でも多くの情報を得ることができるので、もっと深く考えてみようかと思う。

その現場で働いている人にとっては後継ぎ問題や人手の不足に関しては同じくらい重要な問題だと思います。
しかし、医療従事者の不足イコール生命の危機に直結する問題です。病気を治したり、適切な処置を行うのは医師の役目です。しかし、その後の経過観察も同じように大切なことです。手術などを施したものの、経過観察を十分に無ることができない場合、様態が急変したりしても気づくこともできません。ある意味、今の医療の現場でも十分にこういったことができていないと言える部分はあると思います。ですが、これからはもっと患者数も増えていくと思います。その原因としてはやはり労働環境の悪さが言えると思います。またその考え方も人それぞれで違っていることも事実です。これぐらいなら何とか我慢して働くことができる、という環境を整えていくことが最優先事項だと思います。しかし、人手不足の状態で働き方の提案などを導入することも難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です